ログイン

技能実習生お問い合わせ

技能実習生

技能実習制度は技能実習生という在留資格で外国人が技能・技術を学ぶ公的制度です。
開発途上国への国際貢献が目的ですが日本国内の労働不足をカバーしています。
日本国内の企業が一定期間雇用契約を締結し、実習生として雇用し実習期間終了後、実習生は帰国します。
受け入れ企業の常勤職員数によって受け入れ人数が決まります。

対象業種

さまざまな業種で受け入れ可能ですが、73職種133作業名に細かく指定されています。
詳しくは、お気軽にご相談ください。

在留期間

取得期間に応じた在留期間:1年、3年、最長5年
早期に在留資格が取得でき若い外国人材と直接雇用契約ができます。

建設業に関しては、そのまま特定技能に移行しての再雇用が可能になります。
移行する場合には、当社は無料で支援させて頂きます。

各国の特徴や、給料面を事前に見積り、採用後のフォローまで
御社に合ったプランの情報提供、支援をさせて頂きます。

求人条件検索